ライター募集 大阪

ライターの仕事は本業としても副業としてもできる!

ライターとはいろいろな文章を書いて欲しいと思っている人の依頼を受けてその人のの書いて欲しい条件に沿って文章をその人に代わりに書くという仕事です。

そしてライターの仕事をやるメリットとはいろいろあります。まずはパソコンで文字を打つスピードがついてパソコン操作がうまくなることです。

現在は仕事においても生活においてもパソコンを使うのは当たり前の時代です。そのためパソコン操作がうまくなることはこれからますます必要になってきます。

次に文章作成の能力が身につくことです。ライターは依頼者に代わって文章を書くのが仕事なのでライターの仕事をするといくつもの文章を書くことになります。

そのため文章の構成の仕方や書き方など文章作成の能力が身についていくことになります。そして最近ではインターネットを使用するのが当たり前の時代になっていてライターの仕事もインターネット上でやることも多いです。

そのためライターの仕事は自分の空いた時間にやることも可能です。ライターの仕事は子育てであまり外出することができない主婦の人などが在宅ワークとしてライターをやっている人が多いです。

そして最近では不況の影響により会社員の給料が上がらないので収入を上げるために副業として会社員の人がライターをやるということもあります。

つまりライター募集はライター1本で本業としてやっていく人もいますが、会社員の人や主婦の人が副業でライターの仕事をする人もいます。このようにライターの仕事は本業でも副業でもできるのがいいところです。

ライターと言う仕事の醍醐味を感じる瞬間はクセになる

仕事が自営業と言うこともあり、収入が不安定で、最初は副業のつもりでライターを始めたのですが、今はライター収入の方が上回ってる状態です。

ライターと言うと、難解な言葉を自由自在にと…考えがちですが、最初のご依頼主様に教えていただいたのですが、「誰が読んでも読み易い文章を心掛けて、読み手の気持ちに立って丁寧にライティングすることが大切」だとご指摘をいただいてから、読み易さと丁寧さを注意して作成するようになってから、作成記事を納品する度に、ホメていただけるようになりました。

そこからですね。ものすごく醍醐味を感じるようになったのは。そしてご依頼の記事を完全納品させていただいて、ご依頼主から報酬をいただいた時にシンプルに喜びが込み上げてきましたね。

ライターと言うと、一期一会の一回限りのお仕事と思われますが、(もちろんその案件ごとに異なりますし、一回切りと言うこともあります。)私の場合で恐縮なのですが、今でも最初のご依頼主様と継続してライティングさせていただいていますし、その他のご依頼主様からも継続させていただいています。何事もそうでしょうが、丁寧さと実直さが求められ大事なような気がします。

が、しかし仕事として受ける以上、ご依頼主様のご意向ご要望に応えられなければ次の仕事はいただけませんからね。でも、信頼していただいて再度、次の仕事をご依頼いただいた時の感動はなかなかないですよ。それはライターそれぞれでしょうけど、私の場合は、それも醍醐味の一つになっています。そして誰かに読んでもらえる幸せって大袈裟かも知れませんが、他には味わえないと思います。最後に私個人の意見と申し添えておきますね。

あなたの特技を活かしてライターに挑戦してみませんか?

現在、アウトソーシング系の会社でライターのお仕事をさせていただいています。元々文章の組み立てが上手だとは言われていたのですが、まさか自分の得意分野が仕事に活かせるとは思っていなかったので、初めてチャレンジした時にはとても緊張しました。

ですが、そのお仕事が承認して頂けた時はとても嬉しかったと同時に自信にもなり、例え失敗することがあったとしても恐れずどんどんチャレンジしていこうと思えました。主人の仕事柄海外にいますが、このライターのお仕事はネット環境さえあれば世界のどこででも続けられるというメリットがあります。

また自分の能力次第で(原稿をどれほど早く正確で質のよいものに仕上げられるか)お給料にも反映されてきますし、記事を書くために常に情報を探していますから世の中の動きや流行にも敏感になり、生き生きとした毎日を送ることができます。

例えば少し前にローコストキャリアのエアラインに関する記事を書かせて頂きましたが記事を書くにあたりローコストエアラインとはどのような仕組みか、また利用するメリットやデメリットに関する情報も集めますので、一つの記事が出来上がる頃にはかなりのローコストエアライン通になっています。

そして実際自分も利用してみるきっかけになりました。ライターは会社勤めと違って、家にこもって仕事するので社会と疎遠なイメージがありますが、私の場合は家にいながら最新の情報、それも様々なジャンルのトピックに触れることから見識を広める機会にもなり、とってもいいお仕事に巡り会えたことに感謝しています。もし文章を書くことが大好きなのであれば一度チャレンジしてみてはいかがですか。

ライターは家事や子育てと両立できる楽しいお仕事

専業主婦だった私ですが、ライターの仕事を始めてから毎日がとても充実しています。私は出産・子育てを機に会社を退職したのですが、それまでバリバリフルタイムで働いていただけに、毎日毎日家にこもって子どもの世話と家事だけをこなす毎日に、正直退屈していました。

自ら望んで専業主婦になったのですが、社会から遠ざかってしまったさみしさも感じ、しばらく鬱々として日々を過ごしていました。そんなある日、在宅でできるライターの仕事があると聞き、もともと文章を書くのが好きだったため、思い切って始めてみることにしました。

最初は短い文章を打つのにも時間がかかり、一本一本書き上げるのに四苦八苦していましたが、慣れてくると徐々にスラスラ書けるようになってきました。ライターの仕事を始めてよかったな、と思うことはいくつかあるのですが、まず1つは単純に文章を書くのが楽しいこと。

もちろんテーマは決められていますが、そのテーマに沿った中で自分の考えや思うことを表現するのが楽しく、やりがいを感じます。次に、いろいろな知識を得ることができること。テーマについて知識が足りないな、という時はインターネットや書籍などで調べて書くので、新しく知ることも多く、学びになります。

最後に、自分の好きなときに自宅で仕事ができること。時間を拘束されることもなく、あいた時間に自分のペースで作業ができるので家事や子育てを疎かにすることがなく、ストレスなく続けられます。

私のように、主婦業もきっちりこなしながら自宅で仕事をしたい、社会とつながっていたいという方に、ライターはとてもオススメの仕事です。